So-net無料ブログ作成
検索選択
くらしの日本史 ブログトップ
- | 次の10件

変わりゆく村 [くらしの日本史]

img067.jpg
 村が変わっていったのは、町が発達してきたからだ、と宮本常一は書いている。
 町は自給できないから、村に食料や原料を依存しなければならない。すると、どうしても交換が必要になってくるため、町から村に商品が流れていく。百姓道具をはじめとして、着物家具などが町から村にはいってくる。
 そうした商品がはいってくると、村自体も変わってくる。
 ほしいものができると、お金が必要になってくる。そのため、農産物を売りにだすようになる。こうして市ができる。
 そのあたりの関係は、どっちが先なのか、よくわからない。
 市はもともと決まった日に開かれていた。四日市とか、五日市、八日市、十日市などの地名はその名残である。
 そうした市が常設の店になり、店が集まると、新しい町ができていった。神社や寺が市を管理し、それが町へと発展していく場合もあった。
 交通が発達してくると海には港町ができ、陸の交通の要所には宿場町が発達する。
 江戸時代には、武士が村から離れ、城下町に集まるようになった。
 宮本によると、町の古い家は何代か前をたどると、いなかからでてきて住み着いた人がほとんどだという。そんなふうに、町は大勢の人がさまざまな地方からやってきて、大きくなっていったのだ。
 税によってくらす武士はともかくとして、庶民が町で食っていくには商売をするほかない。ものをつくったり、集めたりして、それを売って、生活の足しにするのだ。
 町や近在の村でつくられる商品の量や種類は、どんどん増えていく。
 商品は町だけではなく、村にも流れていく。
 村の人がそれを買うにはお金が必要だから、村では米や麦以外にも、お金になる作物をつくるようになる。山ではコウゾや茶がとれたが、畑ではナタネやワタ、サトウキビ、アイ、アサなどがつくられ、クワをつくって蚕を飼う仕事もはじまった。
 しかし、そうした換金作物を栽培するには、肥料を買って、それを畑にいれなければならなかった。田畑で使う鍬や鋤、家で使う釜や鍋、山で使うノコギリやナタも町から買わなければならない。
 町といなかを結んで、あちこちを回りながらものを売っているのが行商の人たちだった。高野聖(こうやひじり)とは、もともと旅をしながらものを売って歩く高野山の坊さんだったという。
 人の通行が盛んになると、どんな山の奥にも、道は次第に開けていった。
 ものを運ぶ決まったルートもできていく。
 飛騨や信濃の山中では、ボッカと呼ばれる人たちが重い荷物をかついで、山道を往復していた。富山の海でとれたブリはボッカによって運ばれ、「飛騨ブリ」として信濃で珍重された。
 天竜川筋では、三河のほうから、馬で塩などが運ばれていた。
 京都の町に柴を売りにくる大原女も有名である。

『ふるさとの生活』の最後に、宮本常一は日本の衣食住の変遷を記している。
 着物は、もともと家でつくられていた。フジやコウゾ、アサなどから糸をつくり、それを布に織り、裁断して仕立てた。ずいぶん手間がかかっただろう。糸車や機(はた)は、その苦労をしのぶよすがである。
 江戸時代にはいって木綿が登場すると、木綿はまたたくまに日本じゅうに広がっていった。麻にくらべると、木綿のほうがやわらかで、あたたかく、紺の色があざやかに浮き立った。
 村でふだん着る着物は上下別々になっていて、上着は腰のあたりまでしかなく、下はモンペやモモヒキをはいていた。作業をしやすくするためである。
 ふとんが使われるようになったのは比較的新しく、ワタがいくらでも手にはいるようになってからだという。それまで、村人はワラにもぐったり蓑をつけたりして寝ていた。
 ワラからは、蓑やわらじ、ぞうり、背中当て、背負い袋などがつくられた。いまでいえば、コートや靴、スリッパリュックサックというところか。身につけるものに、ワラが使われなくなったのは、明治の洋服時代になってからだ。
 食べ物についていうと、狩猟採集時代に人が食べていたのは、貝や木の実、動物の肉などだった。それが2000年ほど前、弥生時代にはいると、コメやムギ、アワ、ヒエ、豆、サトイモなども食べられるようになった。
 しかし、百姓はそんなにコメを食べていたわけではない。コメは特別の日の食べ物で、ふだんはムギ、アワ、ヒエが常食だった。コメは多くが年貢や小作米として収められ、残ったコメもお金を得るために売られていた。
 ポルトガル人により日本にトウモロコシ(中南米原産)がもたらされたのは16世紀終わり。それ以来、四国や近畿の山のなかではトウモロコシが多くつくられるようになった。
 同じく中南米原産のサツマイモが、中国から琉球にはいってきたのは1600年ごろ。以来、サツマイモは薩摩をへて、救荒作物として日本じゅうに広がっていった。
 モチや団子はハレの日の食べ物で、神さまと縁が深かった。
 そして、祭りといえば、酒盛りとうたが欠かせなかった。
 うどんやそうめんは、もともと中国の食べ物だったという。
 いなかとちがい、江戸時代から、町ではコメばかり食べていた。コメを煮て食べるようになったのも江戸時代からだという。食事の回数が2回から3回になったのも、このころである。
 菓子の語源は野生のくだものの実。いなかでは、ヤマモモ、ブドウ、ヤマナシ、イヌビワ、アケビ、カキ、クリなどを食べていた。それが、だんだんちがった意味になり、ついに現在のお菓子が誕生する。それも江戸時代だったろうか。
 動物の肉を食べることが少なかった日本人は、その代わり、魚を多く食べた。
 生活には塩が欠かせなかった。最近は見かけることも少なくなったが、塩田がつくられるようになったのは1700年ごろといわれる。
 そして、最後に住居である。
 大昔の人は竪穴式住居に住んでいた。高床式の家はもともと神を祭ったり、食物をいれたりするものだったが、次第に人も床の上に住むようになる。しかし、煮炊きは土間のほうが便利だった。
 村の家には神棚とイロリがあり、土間にはカマドがつくられていた。
 屋根は茅葺きか藁葺き。それが明治以降、瓦葺きに変わっていった。
 床にはふつうムシロが敷かれていた。しかし、町の影響を受けるようになると、だんだん畳が敷かれるようになる。
 コモをたらしていた窓にも、障子がはめられるようになると、家のなかはずっと明るくなった。
 こんなふうに、宮本常一の記述にしたがって、衣食住の変遷を並べてきたけれど、ざっと並べてみただけでも、その変遷ぶりはとどまることがない。
 いまも町や村は、めまぐるしく変わっている。人のくらしもどんどん変わる。せめて、それがよい方向に変わるようにしたいものである。

村のくらし [くらしの日本史]

 新しい土地をひらくときには、神さまを祭らなければならなかった、と宮本常一は書いている。
 山と田のあいだには山の神、ひらいた土地には田の神(地神)、屋敷や畑にはお稲荷さんを祭った。
 新しく家を建てるときの地鎮祭にも、そうした名残がある。
 畑の字は火と田からなる。これはもともと林や森に火をかけて、田をつくっていたことの名残である。いわゆる焼畑だ。
 これにたいし、火をかけないでひらいた「はたけ」が、白い田、つまり畠である。
 畠や畑では、ヒエ、アワ、ダイズ、アズキ、ソバ、ダイコンなどがつくられていた。
 家をつくるときには、ともかくも水が確保できること、風よけがあること、たきぎがとれる森や林を背後に控えていることがだいじだった。
 田畑は家の前に開けていた。
 東北の古い村では、御館(おやかた)と呼ばれる中心の家があり、そのまわりを二、三十戸の名子の家が取り囲んでいたという。
 本家と分家がひとかたまりになった村、草分けの百姓たちが集まった村、親方と子方でむすばれた村もあった。
 村は入会地や共有地をもっていた。
 そこは村人がたきぎや草をとる場所だった。
 村のくらしは、どんなふうだったのだろう。
 ここでも宮本常一に教えてもらうのが、いちばんのような気がする。
 男の子は、15歳で若者組にはいるか、元服をすませると大人になった。
 女の子はだいたい11歳から15歳のあいだに成人式を迎えたという。
 昔は動力も機械もないので、仕事はすべて人の力に頼るほかなかった。
 田植え、田の草取り、収穫はけっこうな労働を要した。
 ぞうりやわらじを編むのは男の仕事、布織りは女の仕事だった。
 村では共同作業が多かったという。
 田植えや畑おこし、作物の収穫も、村人の手伝いがなければできなかった。家を建てたり、カヤで屋根をふいたり、草を刈ったりするのも、共同作業である。
「村の人はみんな大工のうでがあり、屋根をふくことが上手だった」と、宮本常一は書いている。
 こうして、たがいに手伝うことをユイと呼ぶ。
 田植えもユイでなされたが、大きな田では、着飾ったさおとめが四五十人も集まり、にぎやかで、はなやかなお祭りみたいになったという。
 センバコキができるまでは、稲穂から籾をとるのは、たいへんな作業だったろう。とてもひとりではできなかった。
 地域によっては、コウゾを煮たり、みそをつくったりするのも、共同作業、つまりユイでおこなわれたという。
 農家ははたらきづめで、なかなか8時間労働などでは仕事が片づかなかった、と宮本は書いている。
 田や畑で作物をつくり、収穫をし、草取りをし、夕飯後は夜なべでわら仕事をするといった毎日だった。
 そのうえ、不作に備えて、たくわえも用意しておかなければならなかった。
 そんな忙しい毎日でも、休みの日はあった。
 それは神を祭る日だ。
 正月やお盆、節句、お宮の祭、ほかに年中行事などもある。
 さらに、家の祝いや祭りの日も休みをとった。
 祭の日は、ハレの日で、この日ばかりは日々の仕事のことを忘れて、先祖に感謝し、一家の無事を祝い、村人こぞって楽しく遊んだ。
 しかし、そんな村の生活もだんだん変わっていく。

村のおこり [くらしの日本史]

 引きつづき、宮本常一の『ふるさとの生活』を読む。
 村や町はどんなふうにはじまったのだろう。
 宮本はまず今井町の場合を紹介している。
 奈良盆地の今井町には、いまも古い街並みが保存されている。
Imaichō.jpg
[今井町。ウィキペディアより]
 このあたりには、もともと古い村があった。その土地は、古代の条里制によって、きちんと区分されていた。
 そこに中世、今井御坊(称念寺)と呼ばれる一向宗(真宗)のお寺ができて、町が広がる。郷の周囲には土塁がめぐらされた。
 そして、ここに今西家という豪商が移り住み、戦国時代には堺と同じく自治都市として栄えるようになったという。
 これは村というより町のおこりだが、宮本はとくに「堀を村のまわりにほっている村などは古いものだ」と書いている。
 ここで注目されるのは、あとから来た者が、それまでの村の仕組みを変えていくということである。
 村にはよく氏神がまつられている。氏神とは、そもそもなんだろう。
 それは、もともとその土地に住んでいた豪族の祖先をまつったものだといってよいだろう。
 そこで、氏神を調べ、それがどのように祭られているかを知れば、村の成り立ちを探る手がかりになる、と宮本はいう。
 あとから村に来た者は、氏神を祭る宮座になかなか加えてもらえなかったという。宮座とは神社のまつりにかかわる村の組織のことだ。
 ややこしいのは、氏神にもいろいろあることだ。
 村の氏神があるかと思えば、家の氏神もある。
 村の氏神というのは、村を治めていた豪族の神さまだ。これにたいし、家の氏神は家を開いた祖先である。
 案外、村の氏神より、家の氏神があつく祭られていることも多い。これは昔の豪族が、すでに村とは縁遠くなっていることを示している。
 村ではしばしば鎮守の神さまが氏神として祀られている場合もある。しかし、鎮守というのは本来、氏神ではない。荘園を守るために置かれた神だ。
 だから、鎮守の神さまがいるというのは、その村がかつて荘園だったことを示している。荘園とは、だいたい貴族(のちには武士)や寺社が所有していた土地である。
 こうして、氏神をたどっていけば、村の変遷もたどれるのだという。
 荘園を支配した貴族や武士がいなくなったあと、村を管理するようになったのが、大地主でもある庄屋だった。
 ちなみに荘園は西に多かった。
 これにたいし、名田(みょうでん)はのちに開かれた土地である。
 大名は、もともと名田を多く支配する豪族を指していた。大名にくらべ、所有する名田が少ない豪族が小名と呼ばれた。
 名田の地主を名主(みょうしゅ)という。かつて名主は大名や小名にしたがって、戦争におもむいたものだ。
 しかし、近世になると、「みょうしゅ」は「なぬし」と変わり、百姓身分の村役人となった。
 村の百姓代表は、西では庄屋、東では名主と呼ばれる。それは西が荘園、東は名田が多かったことと関係している。
 寺と墓も村の由来を知る手がかりになる、と宮本はいう。
 寺と村が一般に結びつくのは、江戸時代になってからで、さほど古いことではない。幕府はキリスト教の浸透を防ぐため、宗門改めの制度を設け、その運営を寺にゆだねた。それによって、村や町の住人は、だれもがどこかの寺に帰属しなければならなくなった。
 古い墓は石塔や板碑などが多いものの、寺にいまのような墓が立てられるようになったのは、江戸時代のなかばぐらいからだという。
 それまでは死骸は森や河原に埋められていた。
 関東地方では、寺ではなく家の畑の端に先祖の墓がつくられることもあった。そうした墓を調べれば、その村のおこりがわかってくるという。

 縄文時代や弥生時代の遺跡をみれば、家はだいたい固まって建てられていたことがわかる。ひとところに集まらねばならなかったのは、天変地異や外敵に備えたり、協同作業をおこなったりするためだったという。
 ごく最近まで、田畑の周囲には竹垣や石垣がもうけられていることが多かった。イノシシやサルが田畑を荒らすのを、少しでも防ぐためである。
 古代の条里制の敷かれた近畿の村々でも、集落はだいたい固まっていた。
 ところが、次第に家を耕地の近くにつくる傾向が強まってくる。世の中が平和になり、便利さが優先されるようになったからである。
 関東では名田がどんどん開かれていく。
 戦国時代には、戦いに敗れた豪族が、家来をひきつれて、山中に村を開く場合が増えてきた。そうした村では、おどろくほど大きな構えをした家が、中心に居を構えている。
 いっぽう、農家の次男や三男が村を出て、新しい土地を見つけ、そこに村をつくる場合もあった。草分(くさわけ)の村である。
 土佐(高知県)では、江戸時代にはいって、旧主、長宗我部家の旧家臣に新しい土地を開かせ、低い武士身分の郷士にした。
 また幕府や藩に願いでて、村全体、あるいは町や村の金持ちが土地を開墾するケースもでてきた。いわゆる新田である。
 村全体、すなわち村請(むらうけ)で新田を開いた場合は、それを村人のあいだで仲良く分け合って、くじ引きによって交代で土地を耕すやり方もあったという。これを地割制度と呼ぶ。
 地割が多いのは西日本で、東日本はそれが少なかった。
 東日本では、大きな土地を所有する地主が、名子と呼ばれる小作人をおき、作男や下女をたくさん使っていた。
 宮本は、東日本とりわけ東北では気候が厳しく、万一に備えて、中心になる家が必要だったためではないかとしている。
 こうしてみると、村のおこりも一律ではなく、いろいろだったと気づく。

昔をたどる旅にでかけよう [くらしの日本史]

 ものごとはきりがないのだけれど、近ごろ感じるのは、案外自分が日本の歴史を知らないなということである。少し勉強してみようと思って、本棚に眠っている本を取りだしてみることにした。
 とはいえ、歴史といっても、その射程距離は長いし、何を論じたらいいかも茫漠としている。まずは近世以降から昭和のころまでに焦点をしぼることに。そして、考えてみたいのは、日本人がいったいどういうくらしをしていたのか、ということである。
 昔、ロンドンでポール・ジョンソンと会ったとき、かれは何かを知りたいと思ったら、ともかく書いてみるのがいちばんだ、と勧めてくれたものだ。
 ひまつぶしといえば、そうなのにちがいないけれど、本棚の本を整理しがてら、ときどき図書館の本なども借りて、日本人のくらしに思いをはせてみたい。気ままな書き物である。

 宮本常一は『ふるさとの生活』のなかで、山のなかには、ほろびていった村がたくさんあると書いている。
 はじめは夏だけ焼畑をしていたのが、だんだん奥に出づくりをして、しらぬまに山のなかに村ができて、こんどはそれが住みにくくなって、逆に消えていったこともあったろうという。
 冬の雪や大水、山崩れ、地震、津波、火山の噴火も村を消滅させる原因だった。日本は天災や地変の多い国だった。
 それに50年に一度くらいは饑饉がやってきた。江戸時代では享保、天明、天保と3度も大きな饑饉があった。その都度、村は消え、別の場所へと移っていった。
 人はずっと同じところに定住していたとはいえない。
 それは自分の経験からも理解できる。
 なかには山を渡っていく木地師もいたし、砂金をとったり、木炭を焼いたりしながら移っていく集団もあった。
 宮本によると、姓をたどると、だいたいどの地方の出身かわかるという。菊池は九州熊本の一族で、それが全国に広がった。鈴木はもともと熊野の社の神職だった。斎藤、工藤、菅原などという姓にも由来がある。姓の分布は、人の移動のさまを示している。
 人は命令によっても移動した。古代、高麗の人びとが政府の命令で東国に移住したことはよく知られている。豪族が都に呼び寄せられることもあった。
 武士が城下町に集住するのは江戸時代になってからである。大名が国替えになれば、武士もまた地方に移っていかねばならない。
 山村で平家の落人村といわれるのは、たいてい戦いで敗れた武士のつくった集落だ。山伏のつくった村もあったし、狩人が拠点とした村もあった。
 漁民はかつて漁をしながら、あいた土地をみつけて、どんどん移っていった。紀州和歌山の漁師は、ほうぼうに出かけ、房総の九十九里にも住み着いている。アマも移住しながら、全国に広がった。漁師はひとところに住んでいたわけではなく、次々と移り住みながら村をつくっていったのである。
 三内丸山にせよ登呂にせよ、集落はじつに昔から存在していた。
 何ごとにもはじまりはある。集落は人と土地が結びつくことによって成立する。しかし、それは流動的であり、滅んだり、生まれたりしながら、村や町へと発展していった。
 ところで、ぼくが生まれ育った播州の高砂(兵庫県)は、1601年(慶長6年)に、姫路城主だった池田輝政によってつくられた町である。古くから知られた高砂は、もともと加古川の東岸にあった。それを池田輝政は、西岸に移して、米や木材などの集積地とした。だから、この町の歴史は意外とあたらしい。
 いっぽう、いま住んでいる船橋は、江戸時代、船橋宿と呼ばれていた。西から海神村、九日市村、五日市村と並んでいた街道沿いの宿の総称が船橋宿である。
 海神村、九日市村、五日市村という村の名前からは、昔から漁業や市が盛んだった様子が伝わってくる。船橋宿は、いまの地名で言えば、海神、本町、宮本(船橋大神宮)へとつづく道沿いに立ち並んでいた。
 江戸から成田に向かう成田街道(もともとは佐倉道と呼ばれていた)の宿場町である。ずいぶんにぎわっていたらしい。
 あのころの船橋はどんなふうだったのか、いまでは想像もつかない。
 村や町にはそれぞれ由来がある。
 昔をたどる旅は、けっこうミステリアスだ。
 引きつづき、宮本常一の本を読んでみる。

- | 次の10件 くらしの日本史 ブログトップ