So-net無料ブログ作成

海の城と戴冠式の宮殿──スコットランドの旅(12) [旅]

8月13日(月)
 朝9時、北海油田の拠点アバディーンのメルキュール・ホテルを出発。南に30分ほど車を飛ばして、ダノッター[ダンノッターとも]城にやってきました。
 北海に面した海の城です。
IMG_2298.jpeg
 すでに廃墟になっていますが、いかにも難攻不落の構え。
IMG_2308.jpeg
 その城まで歩いて行きます。絵になる城ですね。ディズニー・アニメのモデルになったのもわかるような気がします。雨がしとしと降りつづいていました。
_DSC1150.JPG
 この城にもさまざまな歴史がからんでいます。
 古くは1297年にスコットランドの英雄ウィリアム・ウォレス(1272-1305)が、当時スコットランドを支配していたイングランド軍からこの城を奪ったことが知られています。
 有名なのは、オリヴァー・クロムウェルの清教徒革命(1642-49)の時代に、スコットランドの三種の神器(王冠、剣、笏)がここダノッター城に移されたことですね。スコットランドに攻め込んできたクロムウェルに奪われないようにするためだったといいます。
 18世紀のジャコバイトの乱でも、この城をめぐって国王軍とジャコバイト軍が攻防戦をくり広げました。その後、城は取り壊され、廃墟となりました。
IMG_1315.jpg
 なにやら紋章らしきものが残っています。
IMG_2353.jpeg
 貯水池と城壁。
IMG_1334.jpg
 向こうには入り江と岬が広がります。
IMG_1335.jpg
 廃墟とはいえ、絵になる城です。ふり返って、思わずもう1枚写真を撮りました。
IMG_2372.jpeg
 そのあと、スコットランドほぼ中央の都市パースに近いスクーン宮殿にやってきました。
IMG_2376.jpeg
 ここはケネス1世(ケネス・マカルピン)からジェイムズ6世(イングランド王としてはジェイムズ1世)まで、約750年にわたり、スコットランド国王の戴冠式がおこなわれた宮殿です。
 まもなく退位する天皇と皇后も、皇太子時代にここを訪れたといいます。現在はマンスフィールド伯の邸宅で、宮殿内はよく整備されています。
 内部は撮影禁止なので、ガイドブックから部屋の様子をうかがわせる写真を2枚載せておきましょう。ここは応接室ですね。
img217.jpg
 これは書斎。みごとな陶磁器が飾られていました。そのほか、いくつもの豪華な部屋に圧倒されます。
img216.jpg
 宮殿を出ると、クジャクの親子が雨に濡れそぼっていました。
_DSC0106.JPG
 長老派教会の前には、歴代の国王が戴冠式で座ったという石がさりげなく置かれていました。これはもちろんレプリカ。ほんものは1296年にエドワード1世がウェストミンスター寺院に持ち去り、エディンバラ城に戻されたのは1996年のことです。
IMG_1366.jpg
 もう少し近づいてみましょう。
IMG_2381.jpeg
 どうみても変哲もない石ですが、代々の国王が座ることで、伝説は膨らむわけです。
 そろそろスコットランドの旅も終わりです。きょうの宿泊地はスターリング。高校を改装したホテルに泊まることにしました。
_DSC0150.JPG
 夜は街のパブで食事。普通のレストランよりずっと安く、ボリュームもたっぷりでした。

nice!(11)  コメント(1) 

nice! 11

コメント 1

mayu

つわものどもの夢の跡、
どんな暮らしをしていたのだろうと
想像をはせてしまいます
by mayu (2019-02-21 07:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント